TOKYO池袋 2017/11/5【実地8】筑波山「登山時の栄養補充と水分補給」

2017年11月5日(日) つくばエクスプレス つくば駅改札前 午前8時45分集合

登山は多くのエネルギーを必要としますが、いったいどのくらいのカロリーが必要なのでしょう。そして、登山をすると汗をかきますが水分やその他、必要な栄養素の補給は、いつどのようにすればよいのでしょう。出来るだけ多く持って行けば安心ですが、荷物が重くなってバテてしまいます。「いったいどうすればいいの?」となりますね。最低限必要な栄養素とカロリーを知り、美味しくて栄養のあるものを持って行けばいいのです。食べ方もいろいろありますね。公式や経験もまじえて、きっと山での食事のヒントになる内容です。

「日本百名山」中もっとも低い筑波山

筑波山は深田久弥の「日本百名山」の一つに数えられ、関東平野のほとんどの場所から見えるほどの名山ではありますが、標高は877mしかありません。
山自体は縁結びの神・筑波山神社の御神体になっているので、
色々面白名前が付いて興味深いし、頂上近くは岩場が多く登って面白い山です。もちろん頂上からの眺めは素晴らしく、遠く谷川岳や富士山もバッチリ見えます。頂上は女体山と男体山の2つあり、今回は両方に登ります。
頂上の下には広
い御幸ヶ原があります。お昼はそこで栄養たっぷり、おいしい料理のコンテスト。
山での食事にピッタリな、栄養があっておいしい、山ごはんを作ってみましょう。みなさんがそれぞれ、クッカー(なべ)ひとつで調理できるメニューを考えて準備してみてください。

当日全員にプレゼントするアスザックフーズのフリーズドライスープを使ってみるのもアイデアの一つです。
発表会をしてコンテストの結果発表。小さいですが、賞品をプレゼントします。

下山は、沢沿いに筑波山神社に下ります。

◇初心者登山教室 TOKYO池袋 第8回 実地講習 筑波山「登山時の栄養補充と水分補給」
期日       2017年11月5日 日曜日
集合       つくばエクスプレス TXつくば駅改札前 午前8:45
コースタイム   TXつくば駅9:00発(筑波山シャトルバス)→つつじヶ丘9:50
         女体山頂上12:00~
御幸ヶ原〜男体山13:30〜筑波山神社15:30〜
         バス停15:40→TXつくば駅16:30ころ解散予定

定員       20名
募集対象     原則として20〜50歳代の女性
         ※例外として…お申し込み女性の同伴者として参加される男性。
         トランスジェンダーなどご不明の場合はご相談ください。
持ち物      カッパ上下、防寒着、ヘッドランプ、行動食、水分は1ℓ分、折りたたみ傘、
         コンパス、トレッキングポール、など
         ◎各自、行動食の他にコンテストで発表する山ごはんの材料持参。
         ※調理実習時のバーナーとクッカーはこちらで用意します。
         ★コンパス、トレッキングポールのレンタルできます。
         →申し込みの際、お書き添えください。

講師       小日向孝夫 先生
プロフィール
▶︎山と渓谷社編集者・編集長を経て、日本山岳ガイド協会認定ガイド、元ヤマケイ・カルチャークラブ校長、朝日カルチャーセンター横浜校講師、山ガールネット「山ガールカレッジ、山ガールチャレンジ」講師などを歴任。ほか講師経験多数。

受講料      6000円 ※11月1日机上講習を受講される方は1000円割引。
         ※「登山時の栄養補充と水分補給」机上講習(11/1)はコチラ
お申し込み    下記お申し込みフォームよりお申し込みください。

関連記事

アーカイブ

ギャラリー

  1.    Autumn     [metaslider id=4762] 四季を通じて山に通っている…

オススメ記事

  1. 2017-10-20

    動画で見る「山仙人」直伝!山歩きテク vol.8「トレッキングポールの使い方③」

    「山仙人」小日向孝夫先生のマル秘テクニックを動画で学ぼう! 第1章・歩き方 その8 トレッキングポ…
  2. 2017-9-18

    動画で見る「山仙人」直伝!山歩きテク vol.7「トレッキングポールの使い方②」

    「山仙人」小日向孝夫先生のマル秘テクニックを動画で学ぼう! 第1章・歩き方 その7 トレッキングポ…
  3. 2017-8-14

    動画で見る「山仙人」直伝!山歩きテク vol.6「トレッキングポールの使い方①」

    「山仙人」小日向孝夫先生のマル秘テクニックを動画で学ぼう! 第1章・歩き方 その6 トレッキングポ…

ピックアップ記事

  1. 毎年多くの日本人観光客が訪れる国、台湾。 実は台湾には都市部以外にも、魅力ある地域がたくさんあるん…
ページ上部へ戻る