TOKYO池袋教室 2018/1/10【机上10】「危険な場所の通過法」

2018年1月10日(水)18:30〜 会場:好日山荘 池袋西口店2F マウントラボ

山歩きで出会う様々な危険から身を守る方法を知ろう

山での危険は色々です。岩場など落ちたら大けがをするようなところ。もし滑ったら、危ない所。コケや赤土などで滑りやすい所。岩がゴロゴロしていたり、グラグラしているところ。などなど……。危ない所は沢山あります。そんな中で、もっとも危ないのは岩場やガケです。初心者向きの山は、手を使わなくても脚だけで登れるところがほとんどですが、北アルプスなどでは手を使わないと登れないところが多くなります。そんな岩場の山を、安全に登れるようになるのが今回のテーマです。それには、ポイントは2つあります。1つは登山道に設置してあるロープや鎖の利用のしかた。もう1つは、もし手や足の踏みはずしがあっても、落ちない「3点支持」(4本の手と足のうち、3点をしっかりと支える)を身につけることです。最近は簡易ハーネスを使い、もし手や足を2本滑らせても下まで落ちないようにする道具(とても安くすむ)を使って、安全を確保することも一般的になっています。これに必要な材料を当日、店頭でご購入いただき、その場で作り方と使い方もお教えします。岩殿山(1/13)での実地講習では実際に簡易ハーネスを使って登りますので、なるべくこの機会に準備していただくのが良いでしょう(1/14の鍋割山でも岩場を想定した実習はおこないます)。材料費は《カラビナ・ロック付1個(2,000〜3,000円程度)、カラビナ・ロック無し1個(1,000〜2,000円程度)、太さ6ミリのロープもしくは巾2cmのテープを3m(1,000〜2,000円程度)完成品の1.5mテープスリングでも可、太さ4ミリのロープ1m(300円程度)》以上4つの装備、だいたい合計5,000〜6,000円程度必要。岩登りはやらないという方もイザという時の非常用に、時にはザックに道具や靴をぶら下げたり、木の枝などに何かをぶら下げたりしたい時の便利グッズとしても役立つので持っていても無駄ではありません。

◇初心者登山教室 TOKYO池袋教室 第10回 机上講習「危険な場所の通過法」
期日       2018年1月10日 水曜日
時間       18:30〜20:00
会場       好日山荘 池袋西口店2F マウントラボ▶︎アクセス
定員       15名
参加資格     原則として20〜50歳代の女性
         ※例外として…お申し込み女性の同伴者として参加される男性。
         トランスジェンダーも参加可能です。ご不明の場合はご相談ください。
講師       小日向孝夫 先生
プロフィール
▶︎山と渓谷社編集者・編集長を経て、日本山岳ガイド協会認定ガイド、元ヤマケイ・カルチャークラブ校長、朝日カルチャーセンター横浜校講師、山ガールネット「山ガールカレッジ、山ガールチャレンジ」講師などを歴任。ほか講師経験多数。

受講料      1000円 ※当講座を受講された方は第8回実地講習が1000円引。
         ◉簡易ハーネス材料費として別途5,000円程度必要です。(作らない方は不要)
         ※「おとな女子登山部」部員はさらに500円引き(メンバーカード提示にて)
         ☆「危険な場所の通過法」実地講習「岩殿山」(1/13)こちら
         ☆「危険な場所の通過法」実地講習「丹沢・鍋割山」(1/14)こちら

講習会参加規約  こちらから参加規約をよくお読みいただき、ご同意の上お申し込みください。

お申し込み    下記お申し込みフォームよりお申し込みください。

関連記事

アーカイブ

ギャラリー

  1. 四季を通じて山に通っているとハッと息をのむような光景に出会うことがあります。誰もがこの瞬間に出会うと…

オススメ記事

  1. 2017-10-20

    動画で見る「山仙人」直伝!山歩きテク vol.8「トレッキングポールの使い方③」

    「山仙人」小日向孝夫先生のマル秘テクニックを動画で学ぼう! 第1章・歩き方 その8 トレッキングポ…
  2. 2017-9-18

    動画で見る「山仙人」直伝!山歩きテク vol.7「トレッキングポールの使い方②」

    「山仙人」小日向孝夫先生のマル秘テクニックを動画で学ぼう! 第1章・歩き方 その7 トレッキングポ…
  3. 2017-8-14

    動画で見る「山仙人」直伝!山歩きテク vol.6「トレッキングポールの使い方①」

    「山仙人」小日向孝夫先生のマル秘テクニックを動画で学ぼう! 第1章・歩き方 その6 トレッキングポ…

ピックアップ記事

  1. 毎年多くの日本人観光客が訪れる国、台湾。 実は台湾には都市部以外にも、魅力ある地域がたくさんあるん…
ページ上部へ戻る