湘南平塚教室 2018/1/13【実地10】「危険な場所の通過法」大月・岩殿山

2018年1月13日(土) JR中央線 大月駅改札口前 午前9時30分集合

山には様々な危険箇所が存在します。岩場は落ちたら大けがをしますし、コケや赤土などで滑ることも場所によっては大変危険です。岩がゴロゴロしていたり、グラグラしているところは足下に注意しながら歩く必要があります。初心者に適した山は、手を使わなくても脚だけで登れる、登山道が整備された山ということになりますが、北アルプスなどでは手を使わないと登れないところが多くなります。そんな岩場の山を、安全に登れるようになるのが今回のテーマです。それには、要素が2つあります。1つは登山道に設置してあるロープや鎖の利用の仕方。もう1つは、たとえ手や足の踏みはずしがあっても、落ちない三点支持(手と足の4本のうち、3点をしっかりと支える)を身につけることです。その他にも、もし手や足を2本滑らせても下まで落ちないようにする、簡易ハーネスの作り方や使い方も教えます。

岩登りの基本を身につけましょう

岩殿山は中央線の大月駅周辺から見える、大きな岩場がある山です。この山には戦国時代、武田信玄が築いた山城の跡がありますが、面白いのはこの山の裏側の稚児おとし(むかし追い詰められた住民が稚児を崖下に投げたという伝説がある)に続く稜線にある岩場です。ここには鎖やロープがありますが、とても急なので、簡易ハーネスを使い安全を確保して講習を行います。この講習では簡易ハーネスとロープの結び方を練習します。

◇初心者登山教室 湘南平塚教室 第10回 実地講習
         大月・岩殿山
「危険な場所の通過法」
期日       2018年1月13日 土曜日
集合       JR中央線 大月駅改札前 午前9:30
コースタイム   駅~登山口~岩殿山頂上11:00~岩場の尾根~第1岩場~第2岩場~第3岩場
         稚児落とし頂上14:00~林道~大月駅16:00解散予定
募集人数     15名
募集対象     原則として20〜50歳代の女性
         ※例外として…お申し込み女性の同伴者として参加される男性。
         トランスジェンダーもご参加になれます。ご不明の場合はご相談ください。
持ち物      カッパ上下、防寒着、ヘッドランプ、行動食、水分は1ℓ分、折りたたみ傘、
         コンパス、など
         ◎簡易ハーネス1本(太さ6mm×3mで作製、
          もしくは完成品1.5mテープタイプ
)、
          ロープスリング1本(太さ4mm×1mで作製)
          ロック付カラビナ、ロック無カラビナ 各1
         ※1/10机上講習にて作製するか必要材料を各自購入し持参してください。
         ▶︎第10回机上講習参照

講師       小日向孝夫 先生
プロフィール
▶︎山と渓谷社編集者・編集長を経て、日本山岳ガイド協会認定ガイド、元ヤマケイ・カルチャークラブ校長、朝日カルチャーセンター横浜校講師、山ガールネット「山ガールカレッジ、山ガールチャレンジ」講師などを歴任。ほか講師経験多数。

受講料      6000円(保険代込) 
         ※1月10日机上講習を受講される方1000円引。
         「危険な場所の通過法」机上講習(1/10)はこちら
         
※集合・解散場所までの交通費および現地でのバス運賃は
          各自でお支払いください。

お申し込み    こちらより講習会参加規約をよくお読みいただき、
         下記お申し込みフォームよりお申し込みください。

関連記事

アーカイブ

ギャラリー

  1. 四季を通じて山に通っているとハッと息をのむような光景に出会うことがあります。誰もがこの瞬間に出会うと…

オススメ記事

  1. 2017-10-20

    動画で見る「山仙人」直伝!山歩きテク vol.8「トレッキングポールの使い方③」

    「山仙人」小日向孝夫先生のマル秘テクニックを動画で学ぼう! 第1章・歩き方 その8 トレッキングポ…
  2. 2017-9-18

    動画で見る「山仙人」直伝!山歩きテク vol.7「トレッキングポールの使い方②」

    「山仙人」小日向孝夫先生のマル秘テクニックを動画で学ぼう! 第1章・歩き方 その7 トレッキングポ…
  3. 2017-8-14

    動画で見る「山仙人」直伝!山歩きテク vol.6「トレッキングポールの使い方①」

    「山仙人」小日向孝夫先生のマル秘テクニックを動画で学ぼう! 第1章・歩き方 その6 トレッキングポ…

ピックアップ記事

  1. 毎年多くの日本人観光客が訪れる国、台湾。 実は台湾には都市部以外にも、魅力ある地域がたくさんあるん…
ページ上部へ戻る