ステップアップ教室「穂高涸沢テント泊/紅葉写真教室」10/3〜10/4 (10/2夜発)

期日:10月3日(土)〜10月4日(日) 集合:10月2日(金) 20:45 新宿駅西口地下広場

2020年穂高・涸沢テント泊&写真教室

北アルプスの紅葉の素晴らしさは誰もが知るところで、とりわけ穂高・涸沢カールの紅葉は登山者の憧れです。この日本一の紅葉を見に行きたい人は多いですが、残念ながらこの時期、山小屋には泊まれません。毎年パンク状態で受け付けてもらえないのです。泊まれたとしても決して快適とは言えない混雑ぶりです。でも、もちろん写真を撮るには最高の山なのです。
そこで、少々の不便はありますが、テントに泊まって頑張りましょうという企画です。テントは小日向が9人分まで提供します。したがって定員は9名まで。ただし、シュラフとマットは個人で準備するか、またはレンタルしてもらいます。テントを持っている人はもちろん定員の限りではありません。
写真教室とあわせて、自分たちでテントを設営したり、一緒に食事を作ったり、アルプスでのキャンプ体験も楽しみましょう。

【日程】

10月2日(金) 20:45 新宿駅西口地下広場左側集合、レンタカーで21:00出発〜沢渡駐車場到着後仮眠
10月3日(土) 沢渡からシャトルバスで上高地へ、上高地~明神~徳沢~横尾~涸沢12:00頃到着予定。
到着後、テント設営と紅葉写真教室(カメラは何でもOK)テント泊(夕食はみんなで作ります)
10月4日(日) 早朝より夜明けの山が燃えるようなモルゲンロートと紅葉の穂高・涸沢の稜線やザイテングラードなどを撮影。そのあと朝食後8:00頃には涸沢を
出発~横尾~徳沢~明神~上高地14:00頃下山予定。混み合うのでタクシーかバスで沢渡。車で新宿20:00頃解散です

*シュラフとマット、食事用のカップとスプーンやフオークなどは各自で準備してください。食料やバーナーも少しずつ持っていただくので、40リッター以上のザックが必要です。現地は水場も完備しているため飲料水の心配はありません。
【費用】

講習費=15,000円
食材2食分と燃料代とキャンプ代=1人約3,000
円(現地にて実費徴収します)
保険代1,000円(未加入の方)
交通費は10,000円+αです。

【装備】

カッパ上下、傘、防寒具、シュラフ、マット、食事用カップと箸又はスプーン、水筒。行動食3食分。ビニール袋大3、着替え、カメラ、三脚など。
先着順で2名分だけシュラフとマットを2000円でお貸しします。

*この企画は残り3名です、早めにお申し込みください。

申し込みお問い合わせは

関連記事

友だち追加

ギャラリー

  1. 山が一年でもっとも生き生き輝いて見えるはずの春が、今年は新型コロナウイルスという未曾有の災厄で奪われ…

オススメ記事

  1. 2017-6-6

    動画で見る「山仙人」直伝!山歩きテク vol.1「登り方」

    「山仙人」小日向孝夫先生のマル秘テクニックを動画で学ぼう! 第1章・歩き方 その1 登り坂での足の…
  2. 2017-3-9

    山フォトギャラリー「山仙人」こひなた先生の四季アルバム

    特集記事 〈季刊〉山フォトギャラリー「山仙人」こひなた先生の四季アルバム 〜小日…

ピックアップ記事

  1. アルプスの本場イタリア生まれのブランド「フェリーノ」知ってる? 日本に登場して間もないイタリアの…
ページ上部へ戻る