中級登山教室「雪の八ヶ岳でクリスマス」ステップアップ・冬期赤岳登頂! 12/22(土)〜

八ヶ岳雪山教室・赤岳展望荘でクリスマス!

12月22日(土)〜9月23日(日)
(※23日(日)〜24日(祝)での催行もあり)
小屋泊1泊2日

冬の八ヶ岳は例年2月下旬からは、天気が悪くなることが多いですが、2月中旬までは冬型の気圧配置の時は、あまり雪は降らないことが多いのです。今回は山小屋に泊って、南八ヶ岳では一番高い赤岳に登ります。稜線の小屋ですが、小屋に入れば寒いことはありません。夕食はバイキングで食べ放題。生ハムやワインもあります。
登りは、途中までは森の中をゆっくり登り、稜線を目指して岩場の間を登れば、素敵な大展望の山小屋「赤岳天望荘」に到着です。
アイゼンとピッケルが必要になります。先着3名はピッケルをお貸しします。当然ですが、行き帰りにはピッケルやアイゼンの使い方の講習も行いますのでご安心ください。まったく雪山が初めてという方は、個別に机上教室(各自連絡を下さい)を受けてからご参加下さい。

*グレード詳細
募集対象者:中級以上で冬山装備(冬用靴、ピッケル、アイゼン)を用意できる、積雪期経験者むきです。
※雪山未経験者でも体力・装備に問題なければ事前講習受講の上で参加可能です。お問い合わせください。
目的地高度:赤岳・標高2899m
最大標高差:約1200m(美濃戸口〜赤岳天望荘)
水平移動距離:1日目約8km(登高)、2日目約10km(赤岳頂上往復+下山)
予想行動時間:1日目約5時間(登高)、2日目約7時間(赤岳頂上往復+下山)
宿泊予定地:赤岳天望荘(標高2,722m)


<スケジュール>
12月22日(土)〜23日(日)での催行が基本ですが、23日(日
)〜24(祝)での参加を希望する方はご相談ください。

12月22日(土)
午前9時10分JR中央本線茅野駅改札口集合、9:25発のバスで美濃戸口へ。
美濃戸口10:03着、準備をしたら出発~美濃戸~南沢~行者小屋(途中雪上歩行技術練習)
地蔵尾根を経て〜赤岳天望荘15:00到着予定(赤岳展望荘泊)

12月23日(日)
赤岳天望荘6:00出発~赤岳頂上往復~赤岳鉱泉経由で経由で下山〜10:00赤岳鉱泉(休息と昼食)
~美濃戸〜美濃戸口13:00到着予定 13:20発のバスにて茅野駅14:30解散予定

<装 備>
アイゼン、ピッケル、雪に耐える登山靴、カッパ上下、防寒具、厚手の手袋、ロングスパッツ、サングラス、耳が隠れる帽子、温かい下着、テルモス、行動食2日分(凍らないもの)

<費 用>
講習費=15000円+保険代(入っていない人)
その他、茅野駅⇔美濃戸口 バス往復運賃=1,550円
赤岳天望荘宿泊料金=9,000円〜(1泊2食付)

*お問い合わせと申し込みは以下へ*名前、住所、年齢、携帯電話番号、メールアドレスを添え

takao.kohinata@gmail.com
090-7730-3117
小日向孝夫

 

関連記事

友だち追加

ギャラリー

  1. 異常と言われるほどの極端な暑さや降雨に見舞われた今年の夏も、次第にその勢いを緩め、何もなかったかのよ…
  2. 関東甲信地方は観測史上初の6月中の梅雨明けとなりました。まだ蝉の声も聞こえませんが各地で山開きが催さ…

オススメ記事

  1. 2018-10-30

    Q&Aコーナー「山のお悩みなんでも相談室」〈第16回〉

    「山仲間コミュニケーション術」 山にまつわる疑問、お悩み、道具や技術のこと…なんでもお答えします。…
  2. 2017-6-6

    動画で見る「山仙人」直伝!山歩きテク vol.1「登り方」

    「山仙人」小日向孝夫先生のマル秘テクニックを動画で学ぼう! 第1章・歩き方 その1 登り坂での足の…

ピックアップ記事

  1. みなさん、山のお楽しみはなんですか? 頂上で見る景色、下山後のビールと温泉なーんていう…
ページ上部へ戻る