中級登山教室「GW残雪の涸沢から奥穂高岳登頂」5/2夜発


今年のGWは穂高に行きましょう
例年5月の連休後半は、もう上高地に雪はありません。横尾から先、本谷橋あたりからは雪道ですが、山小屋は全部やっていますから、雪用の装備があって、天気さえよければ夏より楽なくらいです。奥穂への岩場「ザイテングラード」も急な雪道です。奥穂高への岩場も鎖が全部出ているので、アイゼンさえあれば安心です。去年は豪雪で奥穂を断念して北穂に登りましたが、是非、今年は雪の穂高岳へチャレンジしてみませんか。
雪山に慣れない初心者のために
、1日目に涸沢で雪上の歩き方を練習して、岩場のある奥穂高岳を目指します。


<スケジュール>
5月2日(木)
竹橋の毎日新聞社集合で上高地ゆき毎日あるぺん号22:30発に乗車

5月3日(祝)
5:10上高地着・準備ののち6:00出発〜13:00ごろ涸沢着。
涸沢で2、3時間かけて雪の上の歩き方とアイゼンでの岩場の練習をします。
涸沢ヒュッテ泊。

5月4日(祝)
6:00出発〜ザイテングラード~穂高岳山荘~奥穂高岳~穂高岳山荘泊

5月5日(祝)
6:00出発~涸沢~横尾~徳沢~明神~上高地13:00着予定→人数が揃えばタクシー、もしくはバスで、松本経由であずさ利用で帰京。

<装備>
アイゼン、ピッケル(先着3人までお貸しします)、雪山用のヤッケ上下、オーバー手袋、手袋、テルモス、バラクラバ、サングラス、防寒具。行動食3食分。

<費用>
講習費21000円
山小屋代10000円×2泊分
保険1日1200円(未加入の人)
アルペン号往路9500円
帰路タクシーorバス代、JRチケット等各自

*お問い合わせと申し込みは以下へ*名前、住所、年齢、携帯電話番号、メールアドレスを添え

takao.kohinata@gmail.com
090-7730-3117
小日向孝夫

 

関連記事

友だち追加

ギャラリー

  1. 陽の光が徐々に山の雪を融かし川の流れが生き生きと命をとりもどす春。雪と氷に包まれ命の営みを寄せ付けな…

オススメ記事

  1. 2017-6-6

    動画で見る「山仙人」直伝!山歩きテク vol.1「登り方」

    「山仙人」小日向孝夫先生のマル秘テクニックを動画で学ぼう! 第1章・歩き方 その1 登り坂での足の…

ピックアップ記事

  1. みなさん、山のお楽しみはなんですか? 頂上で見る景色、下山後のビールと温泉なーんていう…
ページ上部へ戻る