Q&Aコーナー「山のお悩みなんでも相談室」〈第9回〉

「ハイキングにいい季節は?」

山にまつわる疑問、お悩み、道具や技術のこと…なんでもお答えします。
『山仙人』こと
プロガイドの小日向 孝夫 講師がお答えするQ&Aコーナーです。

ご質問・ご相談募集中! こちらの投稿フォームからたくさんの投稿お待ちしています。

<相談30>埼玉県 小林 秀子さん 46歳 パート
Q.夏は特に水分を取りたいのですが、トイレが無い山だと思うように水分補給できません。スマートなトイレの済ませ方があったら教えてください。特に大の時

<小日向のお答え>
A.難しい問題です。水分を採らないと、脱水症になったり熱中症になりますから困りますよね。男の人なら、木の陰などで済ませられますが、女性は困りますよね。涸沢や剣沢など、キャンプ場があるところはトイレが有るのでいいですが、その途中は困りますよね。

解決法はあります。1人用のツエルトか、ポンチョを待って行き、園芸用のプラの小さいシャベルとビニールの袋も持って行きましょう。森の中の平らな場所を探して、シャベルで小さな穴を掘り。大も小も穴の中にします。但し拭いた紙はビニールに入れて持ち帰りましょう。もちろん穴は、土を掛けて出来るだけ元に戻しましょう。そうすれば1~2週間ぐらいで分解され、自然に戻ります。

<相談31>神奈川県 石井 里美さん 46歳 公務員
Q.マムシに注意とか、熊出没注意などの注意書きをよく見ますが、もし本当に噛まれてしまったら? 熊に遭遇してしまったら? どうするのが良いですか

<小日向のお答え>
A.マムシは沢のそばとか中にいることが多いので、トイレに行くときが一番危ないです。もし噛まれたら、まずは「ポイズンリムーバー」で毒を吸い出すのですのが良いですが、出来るだけ早く診療所に行くことが重要です。

クマに遭遇したら、クマから目を離さないことです。こちらが数人いればまず襲っては来ません。1人だったらゆっくりと後退して離れることが一番です。北街道で熊に出会ったらヤバいです。強力熊スプレーしか手がありません。念のために持って行きましょう。

<相談32>東京都 稲生 めぐみさん 36歳 会社員
 Q.ハイキングをするのに一番良い季節はいつですか?

<小日向のお答え>
A.一般的には春か秋と言われています。なぜかというと夏は低山では暑いし、熱中症の心配もあります。冬は寒くて、道具が多いし、雪が降ったり斜面が凍ったりすると危険でもあるからです。

春か秋かと言われると、どちらも特徴があります。春は新緑がキレイでいいですし、野の花も多いし、日没時間がだんだん長くなってゆくときなので、あまり日没の心配をしなくていいのですが、天気はあまり安定しませんよね。

秋は、天気は10月中旬からなら、関東だと晴れている日が多くなるのでいいのですが、日没が段々早くなり、11月の終わりには16:30には暗くなってしまうことにもなります。でも、紅葉は綺麗ですよね。

つまり、いつでもハイキングは四季それぞれに良さがあり楽しいので、できるだけ行っていただきたい、と言いたいのです。

ただし計画をしっかりして。
①行動時間は何時間くらい掛かるか。アプローチの交通機関の情報はしっかり調べる。
②行く山の標高によって、温度は高さが100m上がれば0.6度ずつ下がるという原則で計算して、防寒具やカッパを用意する。
③昼食や飲み物はもちろん、予備の食糧も用意する。
④地図とコンパス、ヘッドランプは必ず持つ。
⑤現地に電話をして登山道の情報を掴み、天気予報は2~3日前からチェックしておく。
以上の5つの原則を守れば、あまり季節は気にしなくてもいいですよ。


 

関連記事

ギャラリー

  1. 異常と言われるほどの極端な暑さや降雨に見舞われた今年の夏も、次第にその勢いを緩め、何もなかったかのよ…
  2. 関東甲信地方は観測史上初の6月中の梅雨明けとなりました。まだ蝉の声も聞こえませんが各地で山開きが催さ…

オススメ記事

  1. 2018-10-13

    Q&Aコーナー「山のお悩みなんでも相談室」〈第15回〉

    「歩幅に合わない階段てどうなの!?」 山にまつわる疑問、お悩み、道具や技術のこと…なんでもお答えし…
  2. 2017-6-6

    動画で見る「山仙人」直伝!山歩きテク vol.1「登り方」

    「山仙人」小日向孝夫先生のマル秘テクニックを動画で学ぼう! 第1章・歩き方 その1 登り坂での足の…

ピックアップ記事

  1. みなさん、山のお楽しみはなんですか? 頂上で見る景色、下山後のビールと温泉なーんていう…
ページ上部へ戻る