レポート 中級登山教室 谷川岳・一ノ倉沢スノーシューハイク

3月最後の週末は天気もよく、上越国境の山々も暖かな1日でした

3月31日土曜日に、「魔の山」として、遭難による死者が世界一多いことで有名な、谷川岳の一ノ倉沢を見にスノーシュートレッキングに行ってきました。
例年ならまだ雪で埋まっているはずの谷が、一部で流れが露出するほど雪融けが進んでいました。底雪崩の跡もあちこちで見られ、これも例年より早い印象でした。

動けば汗ばむほどの天気で身も心も軽く、これで雪に潜る心配もありません

黒い岩の壁が雪のベールを脱いで不気味な表情を覗かせています

デブリ(雪崩で押し出され堆積した雪のブロックなど)をよく見きわめて、雪崩がおよばないエリアで遊びます

こんな切り立った岩のどこを登れるというのでしょうか。雪に磨かれ巨大な滑り台のような岩壁群

上部は「雪崩の巣」と言っていいほど。ロープが張られ、立入禁止にされています

日本山岳救助機構JROは遭難に備えるための会員制相互扶助機構です。マスコットのジロー君も今年で11歳

わずかな入会金と年会費、分担金で遭難救助や捜索費用の一部補てんや装備の援助などが受けられます

中級以上にステップアップした山へ行くようになったら山岳保険や遭難対策は登山者のマナーです

山は一生楽しめる遊び、安全だけはしっかり守って、あとは自分のスタイルを見つけて自由に楽しみましょう

この日のお昼はお湯だけでできるアスザックフーズのフリーズドライのお惣菜をいただきました

手作りのお菓子持参で行動食が楽しくなりますね。山で食べると食べやすくカロリー補充にも良さそう!

一ノ倉沢のおとなり、マチガ沢はたおやかで優しい斜面の沢。同じ山なのにこんなに表情が違います

雪の山を1日歩いて雪国の春山を満喫。日焼けしてないかちょっと気がかりだけど、楽しかったあ

関連記事

アーカイブ

ギャラリー

  1. 近年、梅雨どきの6、7月は猛暑に見舞われたものでしたが、今年は穏やかな日が続いています。山々の樹々は…

オススメ記事

  1. 2018-5-10

    Q&Aコーナー「山のお悩みなんでも相談室」〈第3回〉

    「尾瀬に行ってみたいのですが・・・」 Q&Aコーナーです。 山にまつわる疑問、お悩み、道…
  2. 2017-6-6

    動画で見る「山仙人」直伝!山歩きテク vol.1「登り方」

    「山仙人」小日向孝夫先生のマル秘テクニックを動画で学ぼう! 第1章・歩き方 その1 登り坂での足の…

ピックアップ記事

  1. みなさん、山のお楽しみはなんですか? 頂上で見る景色、下山後のビールと温泉なーんていう…
ページ上部へ戻る