レポート TOKYO初心者登山教室① 実地講習「天覧山と多峯主山」

4月からリニューアルした初心者登山教室がスタートしました。TOKYO教室の実地講習1回目として、埼玉県日高市、高麗の巾着田から高麗峠を越え、天覧山と多峯主山に登ってきました。
西武池袋線高麗駅前に集合し、まずは今日のコースについて説明をします。机上講習で計画したコースをたどるためのポイントを確認したら、靴紐をしっかり締めて準備体操をしてから出発です。
曇り空ではありましたが、沿道のいたるところに様々な花が咲いていて春らしい山里の趣を楽しめます。
秋は彼岸花で有名な巾着田に一面の菜の花が咲き、初心者の山として人気の日和田山がそのお花畑越しに新緑の山肌を水彩画のように見ることもできました。巾着田をほぼ一周して、住宅地の車道を経てルートは高麗峠への奥武蔵自然歩道に向かいます。静かな雑木林の疎林で地形はなだらかな丘陵地ですから、急な上り坂に苦しめられることもなく爽やかな森林浴が楽しめます。そこかしこに咲く草花や樹木を観察しながら高麗峠を目指します。

タチツボスミレ(紫)とクサイチゴ(白)

ミツバツツジ

ムラサキケマン

ヤマブキ

レンゲツツジ

高麗峠で休憩しながら、針葉樹についてスギとヒノキの違いや、梢を見上げてナラの木の話を学びました。
カシオのプロトレックで高麗峠の高度を測って見ると、実際の標高よりも高い高度を表示していました。これは気圧が下がってきている証拠で、今夜から崩れるという天気予報と合っています。手軽に高度や気圧変化を知ることができるプロトレックは高い山に登るようになってくると欲しくなるアイテムです。手頃な価格からハイクラスのモデルまで、本物指向の登山者に人気の、カシオ・プロトレックシリーズは地図読みにも威力を発揮します。今後の地図読み講習で導入したいと思い検討中です。

ひと休みして道路までいったん下り、いよいよ天覧山・多峯主山へと登山道に入ります。
天覧山はわずか60mほどの標高差で197mの山頂に到着です。展望台があり飯能の街や青梅方面の丘陵地帯が一望できます。遠くの山まではあいにくの曇り空でハッキリとは見えませんでした。
お弁当を広げて休んでいる人たちもいましたが、トイレもある多峯主山まで進みます。60mほど下って標高135mの湿地帯のような谷から緩やかに上り坂が始まります。ここから多峯主山まで135mほど標高差がありますが、頂上まで約40分の道のりの最後の5分で半分の高度差60mを一気に登る急登の石段が待ち構えていました。これまで調子よく早いペースで歩いてきましたが、急激な勾配の変化にペースを掴めないまま苦しい登りでした。
多峯主山は天覧山より高い標高271mです。ちょうどテーブルベンチが空いていたので座ってお弁当を食べました。昼食時のスープはアスザックフーズさん提供のフリーズドライスープ「シャキシャキ野菜の根野菜のけんちん汁」をご試食いただき「美味しい!」と高評価をいただきました。フリーズドライスープはお湯さえあれば短時間で手軽に具だくさんのスープが飲める、登山にマッチしたインスタント食品です。おにぎりとコラボさせれば暖かいリゾットや雑炊に変身。山ごはんの幅が広がります。山登りはここまでです。入間川の吾妻峡を目指して急な坂を下ります。数分下った鞍部に立派なバイオトイレがありました。途中、御嶽八幡神社という小さな祠が建てられていて、手を合わせてから下りて行くと、その祠は大きな岩の上に建てられていたことがわかりました。次第に道は緩やかな谷沿いの道となり麓の集落に出ます。河岸段丘の集落を抜けて吾妻峡にたどり着きました。

トイレの傍に咲くシャガ


吾妻峡は飛び石型のドレミファ橋から流れに沿った河岸と河原をおよそ700mにわたって散策できます。(増水時は不可)
河原にはあちらこちらにイチリンソウ、ニリンソウが群生して咲き誇り、お花畑になっていました。河原の岩をうさぎに見立てた兎岩や岸から張り出した岩盤が汽車に見えるという汽車渕のクサリ場など、微笑ましいプチ名所が点在しています。

イチリンソウ

ニリンソウ

渓谷探索の河原歩きを終え、吾妻峡から道路へと上がり、しばらく住宅地の道路を歩けば最終目的地の飯能河原に到着です。
大きく流れが曲がるところに出来た大きな砂利の河原で、飯能市民を始め多くの人が訪れる飯能河原で反省会を兼ねたティータイムです。千葉県から参加のお二人は、しばらく長い時間歩くことから遠ざかっていたということで、低山とはいえ一日中歩いたのは久しぶりで少々お疲れになったとのことでした。でも、心地よい風に吹かれながら新緑と春の花を存分に楽しめたので、とても楽しかったですと喜んでいただけました。昼食時とティータイムで暖かい飲み物を飲みながら、持ってきたお菓子を出し合って楽しく講師の小日向先生の話を聞いたり、山やアウトドアの話題で盛り上がり、おしゃべりも楽しんでいただけたようです。ご案内するこちらも嬉しい1日となりました。

アセビ

山女子クラブでは、初心者やこれから山を始めたいという方の夢を叶えたいと思い、充実した登山技術や知識の指導に重点を置いた登山教室を運営しています。一人でも多くの方に山の楽しさを知っていただき、一つでも多くのよりハイレベルな山に挑戦できる自信を持っていただけるよう講習プランを立てています。初心者登山教室の机上講習・実地講習、テーマを設けず登る山を楽しむことを第一に企画した「たのしい山旅に行こう」、初心者を卒業したレベルアップのための中級登山教室など、多彩なプログラムで皆様のご参加をお待ちし、少人数でも催行させていただいております。初心者向け教室では協賛スポンサー様からの特典プレゼントもあり、たのしくおトク! ぜひ教室の数々をチェックしてみてください。
今回は参加者特典として
「味の素」のアミノバイタル、「アスザックフーズ」のフリーズドライスープ、夏の暑さでも解けない「大東カカオ」の山チョコをプレゼントさせていただきました。

 

全講座のスケジュールはこちらから

関連記事

友だち追加

ギャラリー

  1. 森林限界を越えた高山では、雪と氷に支配される冬。命あるもののほとんどは、じっと春の雪解けを待つ眠りに…

オススメ記事

  1. 2018-10-30

    Q&Aコーナー「山のお悩みなんでも相談室」〈第16回〉

    「山仲間コミュニケーション術」 山にまつわる疑問、お悩み、道具や技術のこと…なんでもお答えします。…
  2. 2017-6-6

    動画で見る「山仙人」直伝!山歩きテク vol.1「登り方」

    「山仙人」小日向孝夫先生のマル秘テクニックを動画で学ぼう! 第1章・歩き方 その1 登り坂での足の…

ピックアップ記事

  1. みなさん、山のお楽しみはなんですか? 頂上で見る景色、下山後のビールと温泉なーんていう…
ページ上部へ戻る