レポート 初心者登山教室【ヤビツ峠から大山】山の天気

10月16日の丹沢大山の講習会は電車が事故で遅れたので、困りました。
2人は小田急線の秦野駅に15分遅れで集まったのですが、1がい到着するのかわかりません。
午前中の最後のバスで、2人とヤビツ峠に向かい、1人には電話で連絡を取り、途中で合流してもらえるように、伊勢原からのルートで大山ケーブルで登ってもらうことにしました。

午前中はもつと思った天気が、10時頃から雨が降り出し、1日雨の中の講習会になりました。というのは、丹沢は海が近いので、海からの南風が吹くと雨が降りやすいのです。
ヤビツ峠から山頂目指して登ってゆくと、頂上から20分のところで電話が入りました。遅れている1人が阿夫利神社からの直登ルートを登ってもう頂上にいるというのです。

12時近くに、やっと頂上で4人がそろい、昼食と天気図を出して山の天気について勉強をしました。
12時半ごろ予定の展望コースを下り始めて1時間くらいすると、1人が膝が痛いといいはじめ遅れだました。雨も激しく降っているので展望台からは危ないところもありませんから2名は先に行ってもらい雨の当たらないケーブルカーの駅舎で待ってもらうことにしました。

私と膝が痛い1人は、ゆっくりと下り、ケーブル駅の前でコーヒーを飲んでいた2名と合流。13時10分のケーブルカーで下山しました。
伊勢原で地元の人に聞くと、雨はそんなに激しくなかったそうです。水分を持った暖かい海からの風は山に当たると、上昇して気温が低くなり、雨が激しく降るのです。地域的な現象も勉強した、ちょっと大変な1日でした。

関連記事

ページ上部へ戻る