レポート湘南平塚教室 実地1「鎌倉アルプス」登山計画の立て方

【2017年5月7日】KEENガラージ湘南平塚店での机上講習第1回目だった前日も真夏のような暑さでしたが、この日も街では厳しい暑さのゴールデンウィーク最後の日曜日でした。

午前9時、集合場所の京浜急行・金沢文庫駅改札前には、すでに講師の小日向先生、参加特典であるKEENの女性専用設計フィットネスシューズ「テラドーラ」試用レンタルのために来てくださった、KEENガラージ湘南平塚店の店長さんとマーケティング担当のお二人のイケメンスタッフ軍団、そして山女子クラブ事務局の私でお客様の到着に備えます。

まもなく湘南平塚教室の参加者第1号のKさんが到着。「Kさん、おはようございます。実は本日のお客様はKさんお一人です。でもご安心ください。万全の体制でご案内します。それでは参りましょう」

「ええー!」と驚くKさん。

募集期間が短かったうえ、大型連休最後の日曜日という日程はかなりの冒険でした。でも、山を楽しみたいという思いは、たった一人でもお申し込みいただいた期待を裏切りたくありません。

KEENの女性専用設計フィットネスシューズ「テラドーラ」レンタル試用は湘南平塚教室の特典です

すぐに駅構内から外へ出て、参加者特典の「テラドーラ」無料レンタルの準備にとりかかります。KEENイケメン軍団のザックの中は、事前にKさんからうかがっていたサイズを中心に、前後のサイズ数足が入っています。Kさんにはベンチに腰掛けていただいて、スタッフさんが丁寧に足入れ感覚などを聞き取りしながら念入りなフィッティングをおこないます。結局、うかがっていたサイズより少し大きめのサイズに決まりました。Kさんが履いて来た靴はゴールまでスタッフさんが持ってくれるんです。

現地でKEENのスタッフが何度でもサイズを変えて納得いくまでフィッティングしてくださいました

靴の準備もおわったところで、講師「山仙人」こと小日向先生の実地教室がはじまります。

まずは靴ひもの結び方を教わりながら、しっかりとほどけないように結び、そのあとストレッチを中心とした準備体操です。

準備の整ったところでザックを背負っていよいよ出発します。今日は、トレッキングポールの国産トップメーカー「SINANO」(シナノ)さんからお借りした最上級モデルの「フォルダー115カーボン」もモニターしていただきます。

レンタルするシューズが決まったところで靴ひもの結び方からレクチャー開始

出発前の準備運動はみんなで念入りにおこないます

今日の「鎌倉アルプス〜ビートルズトレイル経由〜」は、東京湾側の金沢文庫から、相模湾側の鎌倉まで三浦半島の付け根を東西に横断するルートで、歩行距離は結構長く10kmを超えるロングトレイルです。そういうと「いきなりそんなハードなの!?」と思うかもしれませんが、1日かけてじっくり歩けば横浜市と鎌倉市の境をなす丘陵地に点在する緑地公園をつないで行くような、けっして難しくない好ルートなんです。

初心者教室とはいえ、今回は三浦半島の付け根を横断する10km超のロングトレイルにチャレンジです

金沢文庫駅から住宅街に入って間もなく小さな尾根に向かう登山口があります

金沢文庫の駅裏から住宅街に入ってしばらく歩くと「能見堂緑地ハイキングコース」への入り口です。静かな新緑の林にウグイスの鳴き声が響きわたり、とても清々しい気持ちを感じられます。

新緑の草地で草花の自然観察を楽しみながらなだらかな尾根を登っていきます

金沢動物園の正門前に出ました。ここにトイレがあるので休憩します

途中、何度か緑地が切れ住宅街の外れに出ますがすぐにまた林に入ります。そんな緑の散歩道を行っていると、自動車の走行音が大きくなって来ます。このあたりは横浜横須賀道路と首都高湾岸線へのインターチェンジがあって、この音だけは我慢するしかありません。やがて金沢動物園の駐車場脇を通って、動物園の正門に出ます。ここには動物園の立派なトイレがあって、トイレ休憩適地です。

この先の登りに備えて長めの休憩をとり、各自の行動食と参加者特典のアミノバイタルで栄養補給

参加者特典としてアミノ酸と一緒にエネルギーも補給できるパーフェクトエネルギーゼリーを試食

金沢動物園の裏手は横浜横須賀道路が走っていて車の騒音が目立ちますがあいかわらず緑は豊富です

ふたたび木々の中にルートは続きいったん高速道路脇に出て横浜横須賀道路をくぐらなければなりませんが、その先から急な坂道を登って深い森へと進みます。

高速道路をくぐった先でルートは急登の階段が連続。呼吸を乱さないように一歩一歩ゆっくり登ります

急に展望が開けた高台から見えるのは港南台や本郷台方面の住宅地。豊かな自然とのギャップに驚かされます

ふたたび深い森に道はつづきます。山道をしばらく進むとやがて横浜自然観察の森にたどり着きます

横浜自然観察の森は、四季を通じて植物や昆虫、野鳥の観察ができます。

道のりは残り3分の1ほど、天園までもうひと頑張りです

鎌倉アルプスに特徴的な、切り通しが何度も現れます。これは中でも顕著な例

天園まで来ればあとは鎌倉市の最高地点である大平山を越えて鎌倉の街へ下るだけです

天園の広場の外れからは、鎌倉の町と材木座から由比ケ浜、稲村ケ崎あたりまでの浜が見えました

ゴールも見え、ここまでトラブル無く来れてホッと一息つくKEENイケメン軍団のお二人

こうして最高地点から見てみると、鎌倉や横浜の山の多さがよくわかります

鎌倉市最高地点、大平山山頂。他社バナーまで持っていただいたKEENイケメン軍団に感謝してロゴ合成しました

さすがにちょっと疲れを感じますが、もうあとは下るだけ。大平山で記念写真を撮ってから、下りに効くアミノバイタルGOLDを飲んで出発しました。

最後は足もだいぶん疲れているので、トレッキングポールを正しく使ってヒザに負担をかけないよう慎重に下っていきます

途中から「山仙人」に導かれ秘密の下りルートに入るとそこには岩に掘られた洞穴に立ち並ぶ石仏が

「百八やぐら」と呼ばれるとびきりレアなパワースポットです

百八やぐらを過ぎればまもなく覚園寺のそばの住宅地に出て、登山道はおわりました。あとは古い住宅街の細い路地を下っていけば鎌倉の街のはずれです。鎌倉宮という神社で今日のルートは終了としました。

Kさんはレンタルした「テラドーラ」の感想を「とても柔らかくて履き心地がよく、長い道のりの山道も歩きやすかった」と、満足げに話していらっしゃいました。

関連記事

アーカイブ

ギャラリー

  1. 近年、梅雨どきの6、7月は猛暑に見舞われたものでしたが、今年は穏やかな日が続いています。山々の樹々は…

オススメ記事

  1. 2018-5-10

    Q&Aコーナー「山のお悩みなんでも相談室」〈第3回〉

    「尾瀬に行ってみたいのですが・・・」 Q&Aコーナーです。 山にまつわる疑問、お悩み、道…
  2. 2017-6-6

    動画で見る「山仙人」直伝!山歩きテク vol.1「登り方」

    「山仙人」小日向孝夫先生のマル秘テクニックを動画で学ぼう! 第1章・歩き方 その1 登り坂での足の…

ピックアップ記事

  1. みなさん、山のお楽しみはなんですか? 頂上で見る景色、下山後のビールと温泉なーんていう…
ページ上部へ戻る