初心者登山教室・2019夏山準備講座① 実地講習「丹沢・塔ノ岳」7/21

2019年7月21日(日)
小田急線渋沢駅改札 午前8時00分集合

大倉尾根の標高差1200mで脚だめし

太平洋に面した表丹沢の山で、もっとも高いのが塔ノ岳1491m。この山頂から南へ伸びる長い尾根が大倉尾根で、丹沢でもっとも多くの登山者が訪れることで有名なルートです。ふもとの大倉バス停から長大な尾根を塔ノ岳まで登ると1200mの高度差があります。これが登れる脚力があれば、富士山をはじめ、日本の名だたる高峰もほとんど登れる自信を持っても良いでしょう。じっくり3時間半の登りを富士山に登る装備を背負ってチャレンジしてみましょう。

 

夏山ってひと言でいうけど他の季節となにが違うんでしょう。目的の山がどこにあるかによって夏とはいえ、まったく環境が違います。この次の回で登る「富士山」は日本一の標高3,776mもありますし、他の山とは全く異なる点がいくつもあります。富士山をはじめ3,000m級の山は、平地とは20℃の気温差があり、朝は冬と同じような寒さです。防寒対策も冬と同じと考えてください。防寒手袋(木綿は不可)、耳をおおえる帽子、雨具は必ず上下、フリースやダウンなどの防寒着も必要です。高地は紫外線が強いのでサングラスもあったほうがいいでしょう。また、富士山は小屋で1泊しますから、着替えの下着、靴下などもあるといいでしょう。飲料水も2日分を考えて2ℓは必要です。このように装備のことだけでも、富士山を安全、確実に登るためには、早い段階からチェックをして準備をしていく必要があるのです。
丹沢でもっとも登られている「塔ノ岳」に登って、富士山の標高差を体験しましょう。それと同時にみなさんの夏山の装備をチェックして、アドバイスとご相談にも応じます。夏山装備をザックに入れて、メモ帳と筆記用具もお持ち下さい。
大倉尾根はむずかしい箇所はありませんが、とにかく長い登りを登り切る持久力が必要です。この山をしっかり登りきることで、富士山に登る自信をつけておきましょう。頂上には山小屋があり、トイレもあります。ここで、次に登る富士山を見ながら自分の装備を確認しましょう。

◇夏山入門講座 はじめての夏山チャレンジ①
実地講習 丹沢・塔ノ岳

期日       2019年7月21日 日曜日
集合       小田急線渋沢駅改札前 午前7:50
コースタイム
渋沢駅北口前よりバス8:08発→大倉バス停(所要15分)
大倉8:45~駒止茶屋~堀山の家~花立山荘〜塔ノ岳頂上12:30(昼食と装備チェック)〜大倉16:00
大倉バス停〜渋沢駅16:30ごろ解散予定

募集対象     原則として20歳以上の女性
※例外として…お申し込み女性の同伴者として参加される男性。
トランスジェンダーなどご不明の場合はご相談ください。
持ち物
カッパ上下、防寒着、行動食、水分はペットボトル2ℓ分、折りたたみ傘、コンパス、トレッキングポール、ヘッドランプ等 ※その他、富士山に必要な装備、(冬に相当する防寒帽子、手袋、着替えの下着、靴下など上記説明欄参照)
★これらを富士山や小屋泊まりで使用する30ℓ程度の容量のザックにパッキングしてくること。

講師       小日向孝夫 先生
プロフィール
︎山と渓谷社編集者・編集長を経て、日本山岳ガイド協会認定ガイド、元ヤマケイ・カルチャークラブ校長、朝日カルチャーセンター横浜校講師、山ガールネット「山ガールカレッジ、山ガールチャレンジ」講師などを歴任。ほか講師経験多数。

受講料      6000円
※夏山準備講座の机上講習を受講すれば1000円割引

※夏山準備講座①「はじめての夏山チャレンジ〜3000mへのいざない〜」机上講習はコチラ
お申し込み
下記お申し込みフォームよりお申し込みください。

関連記事

友だち追加

ギャラリー

  1. 夏山シーズンが待ち遠しい。春から山歩きを本格的に続けてきたら、夏山は大きくステップアップするチャンス…

オススメ記事

  1. 2017-6-6

    動画で見る「山仙人」直伝!山歩きテク vol.1「登り方」

    「山仙人」小日向孝夫先生のマル秘テクニックを動画で学ぼう! 第1章・歩き方 その1 登り坂での足の…

ピックアップ記事

  1. みなさん、山のお楽しみはなんですか? 頂上で見る景色、下山後のビールと温泉なーんていう…
ページ上部へ戻る